8月 312011

企業サイトの場合、新着情報がトップページ下に載っていたりします。

これは新着情報が更新されることで、トップページ自体の情報も更新されることになり、検索ロボットがやってくる頻度もあがり、SEO的にも有効な方法だと思います。

<h2>新着情報</h2>
<dl class=”newposts”>
<?php
$myposts = get_posts(‘numberposts=5&category=6′);    // 件数&カテゴリIDを指定
foreach($myposts as $post) :
?>
    <dd>
        <span class=”day”><?php echo date(“Y年m月d日”, strtotime($post->post_date)); ?></span>
        <a href=”<?php the_permalink(); ?>” id=”post-<?php the_ID(); ?>”><?php the_title(); ?></a>
    </dd>
<?php endforeach; ?>
</dl>

こんな感じで書くと・・・

新着情報がh2として、日付にspanタグ、新着の記事タイトルにaタグが入ります。

dl-ddで書きましたが、もちろん、ul-liでもOKです。

get_posts(‘numberposts=5&category=6′)

の部分で、呼び出す記事の数(numberposts)とカテゴリーID(category)を指定しています。

つまり、「新着情報」などの名前でカテゴリーをつくり、そのカテゴリーを呼び出せば、新着情報カテゴリー内にある記事だけ呼び出せるということになります。

テンプレートタグ/get posts – WordPress Codex 日本語版

↑ こちらのページに日本語でめっちゃ詳しく書いてありますが備忘録ということで^^;


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by admin
QLOOKアクセス解析