9月 062011

2011-09-06_015536

domain.com というのは例であげたものなので実際に所有していませんが、この2つは何が違うでしょうか?

普通にレンタルサーバーを借りてサイトを運営しているとこれらの2つは違いがないかもしれません。

試しに、自分のアドレスにwww有りの場合と無しの場合でURLを入力してみてサイトを表示してみると分かります。

  • www有りで入力したのに、www無しに自動的に切り替わって表示された。
  • www無しで入力したのに、www有りに自動的に切り替わって表示された。

もしこのような場合は、どちらかのURLにリダイレクトがかかっているので問題はありません。

問題なのが、www有りは有りで、www無しは無しで入力したまま表示されてしまった場合です。

www有りと無しでは厳密に言うとURLが違います。

www有りはサブドメインの一つとして扱われるため、住所が違うところに同じ家が2軒建っている。

そんな状況になってしまいます。

現実社会でこんなことがあったら、それはそれで嬉しいのですが、ネット上(つまりSEO)からすると、ミラーサイトが存在していると検索エンジンに勘違いされ、あらぬ疑いをかけられるかもしれません。

昔より検索エンジンは賢くなっていますが、検索エンジンのサイトキャッシュ方法などが明確に開示されていない以上、余計な疑いをかけられる前に対処しておくのが良い方法です。

ちなみに、WordPressの場合は、めちゃくちゃ簡単です。

一番上に画像で載せましたが、

管理画面>設定>一般

のところの

WordPressのアドレス

サイトのアドレス

というところを、

  • www有りなら、有りでURLを表記する
  • www無しなら、無しでURLを表記する

ことで、対応することが可能です。

一般的には、Apacheのmod_rewriteを使用した方法が一般的ですが、WordPressは管理画面から設定出来るという利点を持っています。

本当に便利で、、、、どうやって設定するのか、忘れてしまったじゃないか^^;

それでこの記事を書きました。

WordPressインストール時にwww無しで作成して、後からwww有りにして欲しい。という要望があり、.htaccessにmod_rewriteを書いて301リダイレクトさせようとしたら、無限ループに・・・。

そりゃーWordPressの管理画面ではwww無しでって要求しておいて、方や.htaccessではwww有りって要求していれば無権ループになるよな・・・。

わかれば簡単なことなのですが、無限ループしたときはびびったので、備忘録としてここに綴っておくことにしました。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by admin
QLOOKアクセス解析