8月 072011

2011-08-07_005903

Facebookの管理画面から↑「いいね!」ボックスを追加、をクリックします。

2011-08-07_011305

いきなり、こういう英語の画面が出てくるのでちょっとびっくりしますが、まだまだFacebookの影響力は日本に及んでいない証拠でしょう。

残念ですが、頑張って英語の画面のまま進めていくしかありません。

でもそんなに難しくはありません。

Facebook Page URL:FacebookページのURLを入力します。

Width:横幅を入力します。ブログのどこに挿入するかを考えて入れましょう。

Color Scheme:darkとlightの2種類から選びます

Show Faces:右側にどうなるか表示されるので見れば分かると思います

Border Color:これも同じです

Stream:これも同じです。

Header:これも同じです。

Get Code をクリックするとコードが出てきますので、「iframe」の方を選びます。

これを挿入したいところに入れましょう。

次に、各ページに挿入するための「いいね!」ボタンを作ります。

これを認識するには、各ページのURLが挿入されなければならないわけで、普通に考えたら相当な労力がかかります。

しかしながら、WordPressを使っていれば、これがあっという間に出来るのです。

Like Button – Facebook Developers

↑にアクセスします。

2011-08-07_012318

URL to Like:WordPressの場合、当然ですがページ毎にURLは変わるので入力しなくて大丈夫です。出力方法は、iframeとXFBML(eXtended Facebook Markup Language)という方式がありますが、iframe の方を選ぶよりもXFBMLの方を選んだ方が楽です。

理由は、XFBMLではボタンが表示されているページのURLが自動的に設定されるからです。

他の設定は、変更すると右側に変更した姿が映し出されますので、それを見て好きな感じに調整すればOKです。

Get Code をクリックして、XFBMLをコピーして、WordPressなら、single.phpのどこかに挿入することで個別に認識されると思います。

その下に、画面をスクロールすると、

Step 2 – Get Open Graph Tags

というのがあると思います。

え、まだ終わりじゃないの?そうなんです。まだあるんです。

ですが、WordPressの場合は若干らくできるので安心です。

Open Graph Tags とは、OGP (Open Graph Protocol)と呼ばれていて、Face book の他にもミクシィなどでも使われています。

実はこの設定をしなくても、別に問題はないんです。

でも、もっと沢山の情報を得たい場合は設定しておいた方が良いと思います。

続きは次回です。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by admin
QLOOKアクセス解析