3月 292011

2011-03-29_1446462011-03-29_145122

こんな感じでGoogleAdSenseが表示されるようカスタマイズします。

モバイルコンテンツ向けGoogleAdSenseの新しいユニットを作成する

2011-03-29_143300

広告の設定>モバイルコンテンツ向けAdSense

から「新しい広告ユニット」を作成する。

2011-03-29_143432

名前は覚えやすいものにする。日本語もOK。

今回は、スマートフォンではなく全てのケータイを対象としたいので、端末タイプは「すべての携帯電話」を選択。

広告タイプは好きなものを選択。

エンコードは、自動判別。

スクリプト言語は、PHP(v4.3.0 以降)を選択

2011-03-29_143626

コードが作成されたらコード上でマウスをクリックするとコード全体が指定されるのでそれをコピーしておきます。

Ktai Style で使用しているテーマファイルにコードを挿入する

 

このページの一番上の画像のようにサイトの一番上に広告が表されるようにカスタマイズします。

wp-contentpluginsktai-stylethemesmonolith(テーマ名)

まず、上記のフォルダを開きます。

monolith は使っているテーマです。

テーマ別にフォルダがありますので、そこを開きます。

2011-03-29_145526

この中の「header.php」をエディターで開きます。

31行目(最後の行)

<!–start paging[<hr color="<?php echo $ks_settings['hr_color']; ?>” />]—>

のようにコメントアウトして終わっていますが、この行の次に、先ほどコピーした広告のコードを入れます。

ユーザエージェントなどを判別するコードが入っているのでモバイル用のAdSenseコードは長いです。びっくりしないように^^

保存してFTP等でサーバーへアップすればこれで作業は完了です。

モバイルコンテンツ用のAdSenseは現在1ページにつき1つしか表示されません。

詳しくは、モバイル コンテンツ向け AdSense – AdSense ヘルプ

を確認しましょう。

DoCoMo/Au/SoftBankのブラウザをPCのFirefox上で擬似表示させるアドオン「FireMobileSimulator」 WordPress de SEO をやろう!

で、導入した「FireMobileSimulator」を使いながら動作確認をしました。


関連記事

Trackback URL

管理者承認後に公開されます。リンクと感想は必須でお願いします

Posted by admin Tagged with:
QLOOKアクセス解析